スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HaskellでTwitterにTweetする

HaskellでTwitterにTweetする



About




  • 成果物

  • - hs-gorira(GitHub)のcommit 8a2a7bddb33303dd8b4aa5adb4dc7f7711ac47bd
    - あいやゴリラ(Twitter)




    • 参考URL

    • - HaskellでTwitterにpostする-yunomuのブログ
      - HaskellでOAuth-EAGLE雑記
      - Haskellのコード150行で,Twitterに投稿するだけのクライアントを作ったよ-プログラムモグモグ
      - GEToauth/authorize




      • Haskellの超便利なやつ

      • - Stackage
        - Hoogleみたいに型での検索とかできる
        - なぜかHoogleで各hackageの関数が検索できなかったのでこちらを使用した




        Detail



         成果物のコードのベースつまり大部分はyunomu氏のモノです、感謝 :P




        • したこと

        • - コードを少し整理した ( 少し )
          - 動かなくなっていたところを直した
          - Twitter API 1.1用のコードにした ( 少しの書き換え )
          - Readインスタンスの型の値を外部ファイルから読み込んでみた ( ちゅーんさんの教え、Thanks :P )
          - Conduitがどのようなものなのかを少し勉強した ( 少し )
          - 美しい型の海を泳ぐ ( 綺麗 ( モナドトランスファーわかってません ) )
          - Conduitの($$+-)関数を探し回っていた (Source型とResumableSource型の問題)
          - すごい人が「モナドトランスファーはliftIOするとなんかIOが動く」って言ってたの、本当だ…って思った



           面白かった話の一つとして、設定を外部ファイルに持つときに僕はyamlを使おうとしていたのだけど、

          ちゅーんさんが「Haskellで読み込みたい設定値がReadインスタンスの型の値なら、read(とreadFile)だけで読み込める」(要☆約)

          って言ってたから「確かに!!」ってなったというのがありました。
          すごいです。 しゅごいい。



          こんなん。




          readFooSetting :: IO SomeType
          readFooSetting = do
          foo <- read <$> readFile "path/to/config_file"
          return foo


           設定値を1つのファイルにまとめなくていいケースであれば、yamlやjsonすらいらないね!!
          すごい!!




          ほげ



           そういえばyunomu氏のブログ記事にsignOAuth関数の型にMonadUnsafeIOというのがあったけれど、
          今のバージョンだとちゃんとUnsafeじゃなくなってたのでよかった。(大丈夫)



          スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。