スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu15.04にnodejsとtypescriptを入れた

Ubuntu15.04にnodejsとtypescriptを入れた



目的 : TypeScript実行環境を整える



1. どのパッケージをインストールすればいい?



参考ページ

http://y-anz-m.blogspot.jp/2012/11/ubuntu-typescript.html



ただしリポジトリを追加する必要はなかった

実際に行った作業は以下の通り。

これを実行するとnpm及びnodejsの実行環境が入る。


$ sudo apt-get install npm nodejs



次にTypeScriptをインストールする。


$ sudo npm install -g typescript



これでTypeScriptの実行環境が整った。

…が、実際にTypeScriptを実行するにはもうひとつだけ作業が必要だ。



だって、TypeScriptのコンパイラであるtscコマンドを叩くとこんなん言われるもん。


$ tsc -v
/usr/bin/env: node: そのようなファイルやディレクトリはありません




2. tscコマンドを実行できるようにする



参考ページ

http://improve.hatenablog.com/entry/2015/03/05/190251



ただしtsc自体を修正するのは嫌だったので、update-alternativesコマンドを使って

nodejsパッケージによりインストールされたnodejsコマンドをnodeコマンドに仕立て上げた。

( nodejsパッケージでnodeコマンドが入らない理由は上記サイト参照 )



作業は以下。


$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/node node /usr/bin/nodejs 10
update-alternatives: /usr/bin/node (node) を提供するために自動モードで /usr/bin/nodejs を使います



これで/usr/bin/nodeに/usr/bin/nodejsへのリンクが貼られる。

alternativesが何かわからない、もしくは管理が面倒、という方は以下でいいと思う。 ( 非推奨 )


$ sudo ln -s /usr/bin/node /usr/bin/nodejs




結果


tcsコマンドで.tsファイルを.jsファイルにコンパイルできた。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。