スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソラミちゃんの唄 (1)』を読みました



『ソラミちゃんの唄 (1)』を読みました



 ソラミちゃんの唄、芳文社さんから発売中です。
この記事はネタバレを極力避けていますが、(ちょっとした)感想記事ゆえに少々の概略が含まれています。
ご了承ください。
















 1巻を読みました。 (2巻はまだ読んでません)
ソラミちゃんの唄はなんの予備情報もなく
「あ、これいいなあ」
という感じで買ったのですが…。

 まずはなんなく読み始めました。
帯に書いてある言葉から、ただのコメディ漫画ではないのかな? とは思っていました。
そして読み始めていくと、カラーページ。
くすくす、と笑えるようなささやかで癒やされるギャグパートです。

読み進めていきます。
すると今度はちょっとした切ないパート、うるうるきてしまいますね。
でもやっぱり暖かくて、安心できました。

そして1巻を読み終わるときには、とても素敵な切なさに襲われていました。


 ソラミちゃんとみんなの織りなす、暖かな漫画です。
どうか貴方も読んでみてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。