スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EclipseでEGit使う。gH

EclipseにEGitを入れる


省略


EGitが入りました。


EGitの使い方


1. The Project


はい、プロジェクトを作りました。
project


2. The Remote


GithubあたりにGitリモートリポジトリを作ります。
以下参照。
とても便利なサイト


3. The Register


プロジェクトを右クリックはい。
Team > Share Project
share-pro


Gitを選択してNext。
select-git


RepositoryにはGitのデータを置くディレクトリを指定。
適当な場所でいいです、デスクトップ上のディレクトリでもいいです。
Repositoryを入力すると他が自動入力されます。
place-git


ローカルリポジトリができました。


4. The Push


はい、プロジェクトを、はい右クリック。
commit-git
はい、Team > Commit


メッセージを入力。 “Initilize.”
[Commit]ボタンをおすっ!!
commit2-git


ここでGitのリモートリポジトリのクローンURLをURIに入力します。
便利



uri-git

uri-git



Authenticationに自分のGithubアカウント情報を入力。
Store in Secure Storeへのチェックは…とりあえずしておく。
>> [Next]


Source refにはmasterを選択しておきます。
ref-git
>> [Finish]!!


$. The End


できたっ!!
end-git


おわり。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。