スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のプログラミング文学


コードの設計と実装を分離させる手段として
インターフェースで設計理念(振る舞い)を記述、
その実現インスタンスで実装を書く、
という方法があるよね。
すごくいい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
でもその弊害の具体例として
List l = Arrays.asList("a", "b");
としても
全然Immutableなことを感じることがでないし、
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メソッド名を変えたとしても
ex: asList --> asImmutableList
クラスのプロパティにListインスタンスを記述、
代入はコンストラクタ内に記述、
などの
記述を分割する必要がある場合には
どうしてもわかりにくくなってしまうと思う。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
だから場合と必要性によっては
インターフェース型として宣言するのではなく
具象クラス型として宣言して、
ポリモフィズムよりも明示性を重きに置く方がいいのかもしれない。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
#今日のプログラミング言語文学
おわり。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。