スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VimのVundleからNeoBundleへの移行

VundleからNeoBundleへの移行


この記事でわかること

  • Vundleで構築したものと同等の環境をNeoBundleで再現する。

  • NeoBundleの簡単な設定(.vimrc)。


この記事でわからないこと

  • Vundle及びNeoBundleの使い方。

  • 暗黒美夢王の生態系。


VundleからNeoBundleに移行して何が楽しいのか

  • NeoBundleLazyという機能で結果的にVimを高速起動することができる。

  • 色々すごいらしい(かなり)。

  • 「フハハハハ...」





 ではちゃっちゃといきましょうか。
なお「$ なんとか」と書いてあるのはLinuxシェルでの操作です。


 まずvimのベースディレクトリに行きましょう。
そしたらもうvundleで管理していたディレクトリごと削除してしまいましょう。
削除に失敗して環境が修復不可になるのが怖い場合はすべてバックアップしておきましょう。
っとそうだった、何かVimプラグインを魔改造している方はこの時点でバックアップしておいてください。

バックアップ
$ cd
$ cp -r .vim .vim_backup
$ cp .vimrc .vimrc_backup

操作
$ cd ~/.vim
$ rm -rf bundle


じゃあいくぞー。
暗黒美夢王からNeoBundleをいただきます。
またこの時に祈祷してはいけません、美夢王が召喚されてしまいます。
$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim.git

設置します。
$ mkdir bundle
$ mv neobundle.vim bundle


これでNeoBundleの設置が完了しました。
次はvimにNeoBundleを認識していただきましょう。
.vimrcを編集します。
僕の場合Vundleの読み込み設定は
source ~/.vim/bundle/vundle/test/minirc.vim
としていましたので、
これを消して
if has('vim_starting')
set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
endif

と書きます。
これはvim起動時に
neobundleの読み込みとプラグインをインストールさせたい場所の指定をする。
ということを設定しています。

では次で大詰め、今までVundleでインストールしたプラグインをNeoBundleでインストールし直します。
これが僕のBundleでのインストール設定の記述です。
Bundle 'basyura/TweetVim'
Bundle 'mattn/webapi-vim'
Bundle 'basyura/twibill.vim'
Bundle 'tyru/open-browser.vim'
Bundle 'h1mesuke/unite-outline'
Bundle 'basyura/bitly.vim'
Bundle 'Shougo/unite.vim'
Bundle 'Shougo/vimproc'
Bundle 'Shougo/vimshell'
Bundle 'rhysd/wandbox-vim'
Bundle 'osyo-manga/quickrun-outputter-replace_region'
Bundle 'vim-scripts/postmail.vim'
Bundle 'yuratomo/gmail.vim'
Bundle 'basyura/J6uil.vim'
Bundle 'osyo-manga/vim-gyazo'
Bundle 'yuratomo/w3m.vim'
Bundle 'mattn/learn-vimscript'
Bundle 'rbtnn/vimconsole.vim'
Bundle 'thinca/vim-quickrun'
Bundle 'tyru/vim-altercmd'
Bundle 'jimsei/winresizer'
Bundle 'add20/vim-conque'
Bundle 'supermomonga/thingspast.vim'
Bundle 'supermomonga/vimshell-kawaii.vim'

これを
NeoBundle 'basyura/TweetVim'
NeoBundle 'mattn/webapi-vim'
NeoBundle 'basyura/twibill.vim'
NeoBundle 'tyru/open-browser.vim'
NeoBundle 'h1mesuke/unite-outline'
NeoBundle 'basyura/bitly.vim'
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimproc'
NeoBundle 'Shougo/vimshell'
NeoBundle 'rhysd/wandbox-vim'
NeoBundle 'osyo-manga/quickrun-outputter-replace_region'
NeoBundle 'vim-scripts/postmail.vim'
NeoBundle 'yuratomo/gmail.vim'
NeoBundle 'basyura/J6uil.vim'
NeoBundle 'osyo-manga/vim-gyazo'
NeoBundle 'yuratomo/w3m.vim'
NeoBundle 'mattn/learn-vimscript'
NeoBundle 'rbtnn/vimconsole.vim'
NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'
NeoBundle 'tyru/vim-altercmd'
NeoBundle 'jimsei/winresizer'
NeoBundle 'add20/vim-conque'
NeoBundle 'supermomonga/thingspast.vim'
NeoBundle 'supermomonga/vimshell-kawaii.vim'

とする。
そう、BundleにNeoをつけるだけ!

あとは
:NeoBundleInstall
するだけです!

これでNeoBundleな環境に移行されました!!
やったね。


設定の全体さん。
" プラグインマネージャーの設定ファイルを読み込み
if has('vim_starting')
set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
endif

"*** プラグイン管理 ***"

NeoBundle 'basyura/TweetVim'
NeoBundle 'mattn/webapi-vim'
NeoBundle 'basyura/twibill.vim'
NeoBundle 'tyru/open-browser.vim'
NeoBundle 'h1mesuke/unite-outline'
NeoBundle 'basyura/bitly.vim'
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
NeoBundle 'Shougo/vimproc'
NeoBundle 'Shougo/vimshell'
NeoBundle 'rhysd/wandbox-vim'
NeoBundle 'osyo-manga/quickrun-outputter-replace_region'
NeoBundle 'vim-scripts/postmail.vim'
NeoBundle 'yuratomo/gmail.vim'
NeoBundle 'basyura/J6uil.vim'
NeoBundle 'osyo-manga/vim-gyazo'
NeoBundle 'yuratomo/w3m.vim'
NeoBundle 'mattn/learn-vimscript'
NeoBundle 'rbtnn/vimconsole.vim'
NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'
NeoBundle 'tyru/vim-altercmd'
NeoBundle 'jimsei/winresizer'
NeoBundle 'add20/vim-conque'
NeoBundle 'supermomonga/thingspast.vim'
NeoBundle 'supermomonga/vimshell-kawaii.vim'

filetype plugin indent on

"**********************"

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。