スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自称Javaristaの僕がいかにしてhaskellに触れて純粋になったか

この記事はmarkdownをpandocにかけたらおかしくおもしろくなったのでそのまま投稿しています面白い。


h1 id="自称javaristaの僕がいかにしてhaskellに触れて純粋になったか">自称Javaristaの僕がいかにしてHaskellに触れて純粋になったか

 話をしよう、あれは今から…36万…あー…いつだったか。
最初にHaskellに触れた時は…確かー…1万…まぁいい。
君たちは純粋関数に…まぁいいや。


 そうそう、思い出した。
僕が初めてHaskellに触れたのは、今から約1年前くらいのことだった。
今日はその話をしようと思う。













































##   そ第 ま し 普 う一章「お前にHello,world!! お前にHello,world!!」 ず最初にHaskellに触れた時、果敢にも…いえ、無謀にも僕は書籍を持たずに入門しようとしました。 てもっとも最初に目に触れたコードがこれ。 main = putStrLn "Hello, World!" 通の出力だ、簡単だ」 思ったのは間違いでした。
##二章「ようこそ我が胎内へ」 Prelude> let fac n = if n == 0 then 1 else n * fac (n-1)
?? !?!?」
Prelude> fac 42 1405006117752879898543142606244511569936384000000000
?!?!? 長…数字が長…too long suuji!!!???!?」
fac 0 = 1 fac n = n * fac (n-1) main = print (fac 42) で僕はHaskellをやめました。 バイHaskellまた次の時空で。
し僕は決してHaskellを手放さなかったのでした…。

第三章「もう何も怖くない」


「お前にHello,world!! お前にHello,world!!」


 そんな言葉が脳内に響き渡る。
そう、これは今思えば。
これこそが、僕の中に覚醒したHaskell Curryの紋章の声だったんだっ!!


 僕が「すごいHaskellたのしく学ぼう!」を手に入れたのはそんな時でした。
「すごいHaskellたのしく学ぼう!」、通称「すごいH本」。
英語で言うと「Great-H-Book」。
すごいH本


 これにはprintという名の鈍器はありませんでした。
もちろん「名状し難いprintのようなもの」も登場しません。 ( 最初の方は )


 僕はこの魔本を手にし、Haskellの地を歩いていくことにしました。






























##   カ   元 で   し 僕 (
第 そ リ ま 々 も そ か は 満 *四章「お待ちなさい、モナドが曲がっていてよ」 の後僕は魔法にかけられたかのようにHaskellを楽しんでいた。 ー様がみてる。 ず最初に苦しんだのが再帰。 命令型言語でも再帰はよくわからなかったし、そもそもあんまり使わなかった。 Haskellでは必須! なぜならカリー様がみてるからっ!! の後、型についてはとりあえずある程度の理解を得たと思うの。 しファンクタ、アプリカティブ、…Monad。 ここでまたしも倒れたのだった。 身創痍になってすごいH本を読みきりました。 最終理解レベルは多分高くはなかった。 ) *おおモノイドインスタンスよ、しんでしまうとはなさけない**
##   つ そ第 次 い こ五章「そして全てがモノイドになった」 に今から4ヶ月前くらいとかからは型について日常的に考えるようになりました。 ったーでは、某氏に圏論カウンセラーなどをしてもらったりしましたっ! らへんはちょっととげったーにまとめたりもしました。
う 型ん を、おそらくそこからでしょう。 日常的に考察するようになったのは。
__型 ラ々カタカタ__ ムダケイサンはとくにないけれど、オオゲサなタイプ片手にここでイッタン停止☆__

第六章「 僕『お前にHello,world!! お前にHello,world!!』 」


 周りの人にHaskellを布教しないと気が済まない不治の病にかかりました。
僕の取扱いには気をつけましょう。






























##     お と第 と Ha も り七章「俺、カリーハスケルになります。」 りあえずハスケルギアを手にしたのでモナドを侵略したいとおもいま気のせいでした。 skellに関して ( とりわけモナドやファンクタ(関手)に対しては特に ) SlideShareなどで しろおかしく情報を取り入れ始めたのはこの頃からです。 あえず今から1ヶ月前くらいからかな。 もっと前?
##   今第 今 に八章「台無しだと言っているのよ…」 はHaskellの薄い本を読んでいます。 なってやっとわかる内容なので、
* * * * * *Ha す す 型 モ Haskellを独学で始めようとする -> ごいH本を読む -> ごいH本を満身創痍でなんとか頭に入れて読み終わる -> に興味があります!! -> ナドは単なる自己関手の圏におけるモノイド対象だよ -> skellの薄い本読む
と [こ 2時い ん 間うプロセスを踏んで本当によかったと思いますっ! なの](http://www.slideshare.net/YoichiroIshikawa/haskelljavavim-script)も書きました、発表しました。 以上ぶっ続けで話すのは初めてだったと思います。

最終章「だけどね、だれが、どこで死ぬかなんて、私にはわからなかったのよ。」


 この記事は誰に対してのなにだよこのっ!!!!
もう寝る。


終わり




Markdown Converted By Pandoc !! ( ここはhtml手打ち )


普通に読める方 => 読める
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。