スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よさがぴょんぴょんするんじゃあ in VimConf 2015

よさがぴょんぴょんするんじゃあ〜 in VimConf2015


 VimConf2015に行ってきました。 VimConf2015 is koko .


今日の皆様の発表資料まとめ


Vimのgitへの移行について


koron氏。
 今年にVimがいかにしてgitへ移行したかの内部事情を聞けた。
スライドについては僕もまだ見てないんです。
なんで会場にいたのにスライドを見ていないのかって?
諸事情によりスライドが写せなくなったものの、 koron氏がトークのみで発表を行ったから…。
 常識的に考えてすごすぎる…。


deoplete-the-dark-powered-auto-completion-plugin-for-neovim


Shougoさん。
 またの名を暗黒美夢王。
スライド中でEnglish nameが発表された。
 僕もNeoVim + deopleteを使わせていただいているのだけど、
こんなにすごかったんだ…。


Introduction to OmniSharp.vim


thincaさん。
 OmniSharp.vimを使えば、VimでVisualStudioっぽい機能をいいとこ取りできるよ、というもの。
 普段からC# + Vimで開発をしている身としては、すごくありがたい発表だった。
今度やってみよう。
 …といういい感じに発表が架橋に入った時、僕は見てしまった。 thincaさんがVimに:ShowTimeStartと打つのを…。
 なんでこの方、Vimでスライド発表してるん!?!? アイエエエエ!?!?


Change the World


lambdalisue氏。
 vim-gitaの良さの高さ強い。
発表力が高すぎて、完全にかっこよかった。
また内容も強く、vim-gitaの魅力むんむんであり、僕のVimにもすごくすぐ入れた。
 「Very benri」という強い便利ワードが生まれた。
さあ皆さんもこの言葉をどんどん使っていきましょう。 「Very benri!!」


Vim + Clojure


Ujihisa氏。
 Ujihisa氏の発表も完全に感極まっており、強さが高まっていた。
実際すごい。
 この発表中にneoclojureのLast updatedを(Ujihisa氏が)確認したところ、 Last updatedが22秒前であり、かなり活発に活動していることが大変わかった。
直前に、Ujihisa氏がおもむろにTerminalを開き、git pushというコマンドを打っていたのは
多分見間違えだよ。


私はどのようにVim scriptを書くか?


rbtnnさん。
 Vim script書きたい人向けの、すごく丁寧な入門資料。
是非参考にしてもらいたい。


vim-on-browser


Linda_ppさん ( rhysdさん ) 。
 React.jsによるreact-vimjsのやばさ体験。
ブラウザ上でVimが動くよ」 (制限はある)
ブラウザ上でVimプラグインの体験版を提供できるよ
という話。
 犬さん強い。


Hacking Libcall and Java


kamichiduさん。 (一般的プログラマ)
 一般的プログラマであるkamichiduさんの発表。
(kamichiduさんは一般的なプログラマとのこと)
 libcall()がif_luaより速いというのはいいことを聞けた。


make-yourself-reader-of-help


janus_wel氏。
 helpの重要性!
Vimの逆引きhelpというアイデアを実装中であるらしく、 そのアイデアについて会場でもいい反響があった。
PRカモン、とのこと。


lets-use-appveyor


k-takata氏。
 Windows環境によるCIサービス。
VimのWindows対象のCIにも使われている。
謎の問題に悩まされているらしい。  Windows Vim user向け 超オスススメ情報 (これ)


power-assert in Vim script


haya14busaさん。
 powerこそパワー。
当日の発表では、謎の位置に"転ばぬ先の杖「vint」"という言葉が書かれており
完全に強かった。


海外Vimmerが開発したVim pluginの紹介 (In English)


 deris0126さん。
One more thing
vimrc読書会に出てきたVim pluginの総まとめすごい。
 また、vim-rengbangがよいらしく、あとで見てみる。


切り刻め! HTML


yoshiko-pg氏。
 フロントエンドエンジニアから見たVim及びVimの便利なプラグインなど。
また、VimのわからないことをTwitterでつぶやくと、Vim界の犬さんやVim界のマンボウさんが教えてくれることの紹介。
 VimConf2015の公式サイトと資料の綺麗さ。


vim-jpのvimhelp, reading_vimrcのホスト関連のお話


zchee氏 ( _zchee_氏 )。
 vimrc読書会でいつもお世話になっている、reading_vimrc botについて。
たった2つのボタンを押すだけでreading_vimrcが起床するよ、という構造的な話。 すごい。
 ここでは、「zchee」氏の読み方が「チー」氏であることが発表された。


5年間Yokohama.vimをやってみて感じた事


guyon氏。
 Vimmerはシャイである話。
実際かなり参考になりそうなので、すごい。




お昼


 aomoriringoさん、derisさん、thincaさんと共にラーメン食べました。
aomoriringoさんはなんか山盛りの七味の中にラーメンを入れたようなラーメンを食べてました。
実際強そう。


懇談会


 スシそしてピッツァである。
ピッツァには中毒作用があるので、ピッツァを大変食べた。


 yoshitiaさんとEvilの話をした。
Evilの元となる思想は、vi時代の頃からあったらしい。


 ももんがさんと何らかの話をした。
アレをアレするような話をした。 (した)


 うさぎさんと話をした。
ガロアの5次方程式にて群が使われたという話をした。


 Kuniwakさんと話をした。
ガロアの5次方程式にて群が使われたという話をした。


 何やら会場の一角で賑わっていたので近づいてみたら、皆さんでGitの話をしていました。
Git-Challengeについての話など。
ほむ


 僕はまだGitについて疎いので、
merge --squashしたらどうだとか、 merge --ffやらpull --rebaseやら、revertの活用事例やらを効くことができて、
知見の高まりを感じた。


 最近commit --amendやrebase、reset --hardとreflogなどでしかcommitのまとめをしてないので
特にpull --rebaseやrevertについては「なるほどなぁ」という感じだった。 ( デプロイに紐付いたmasterにbugが入ったpushをしたりした場合に
revertが有用…など )


 件のbranchが鬼のように枝分かれしていて、合流地点が複数あるようなものを
召喚してしまった話も聞けた、やばい(やばい)。 (上記のGit-Challengeの記事参照)


まとめ


知見が高まり「ゆフォフォーイ」という感じがありました。(あります)


スポンサーサイト

momonga.vim#6に行ってくるなどした。

momonga.vim#6に行ってきた!



( ^-^) oO (
momomonga.vim#6に来た。
きのことたけのこが隣り合って置いてある。
鳥ステッカーとドワンゴステッカーもらった!
Vim scriptでexライクラインエディタを作ろうと思ったけれど
Haskellやりたみが強いのでHaskellで作ろう。
)


--------------------------------------------

マシンガン目録



 まずmomonga.vimのOPで、
バトルエディターズの1期OP, 2期OPをShougo氏に歌っていただいた。
Shougo氏が暗黒美夢王として発現しだしている…?
あいや「ここにHaskellできる人っていませんか…? ちょっとできるくらいでもいいので…」
と言ったら後ろのテーブルにいるまさかず氏をxga氏と思われる方に召喚していただいたので // ごめんなさい結局名前がわからないままだったんです!!
Haskellチョットデキルまさかず氏にHaskellを教えていただいた。
まさかず氏すごい。

具体的に言うと
readText fileName = do
bracket (openFile fileName ReadMode) (\h -> hClose h)
(\h -> do
contents <- lines <$> hGetContents h
let text = (contents,[])
print text
return text
)

のprintでtextがno show instanceと言われていたり
returnしたtextが受取側で([],[])になっていたりしたところを
readText fileName =
readFile fileName >>= return . ( flip (,) [] ) . lines

という圧縮率で解決していただいた!
まじマジック☆まさかずりんっ!


--------------------------------------------

休憩時間、ももんがさんが皆さんに「進捗どうですか」という聞き込み調査をするなどしていた。

なんとこの時点で僕は
"p<Enter>と押すと特定のファイルの1行目を表示するプログラム"
を作り上げている。
ももんがさんにも「これひょっとしてかなり利便性が高いのでは」などと言っていただいた。
p<Enter>と押すとファイルの1行目を表示することができます!!


 そして左隣にいる人が噂のななやん氏だった!!
次回の社畜怪談会について話したりなどした。

よく見たらななやん氏はHHKBを使っていたのでそれについても話したりなどした。
「そういえば「買って使ってみたら使い勝手がいまいちだった」と言っていましたよねw」などと言ってみると
「ナズェシッテイルンディスカ!?」などと驚いてくれた。
残念、あいやさんの情報網からは逃れられない。(逃れられないとは言っていない)


そしてmomonga.vim#6はDark Vim MasterのEnding Songにより
終わりを迎えることとなる。


--------------------------------------------

まったり



その後妖怪ハウスにてもくもくしていた。
犬さん、言語を作っているらしい。
マンボウさん、とても進捗な姿勢をしていた。
通称「第一デムパ受容体生物」、りひにーさんはEmacsを開いていた。
ももんがさんは飛んでた。


僕はというと、
マジック☆まさかずりんにData.IORefという全方位爆撃システムを教わり
多大な力を得た。

これがその力を用い、後日に手を加え生成した1513727進捗術式である。
なんとファイルの中身を表示することができる。
<進捗魂>



その後江添さんが焼いてくれたお手製ピザを食べることなどした。
C++は江添さんの手から出る。 故にこのピザにはC++が入っているなど考えた。

ピザすごいすごくおいしかった。


momonga.vim#6 is benrifull.

--------------------------------------------


--------------------------------------------
にゃわんご広告

あいやさんは本物のC++や何かのプログラマ的友達を募集しています。
採用情報
--------------------------------------------

momonga.vim#5に行ってきた。


ももんが行ってきた



あいや「JavadocのQuickRun設定をしたいです」

あいやはテザリング時のSSIDにiPhone_JavaHaskellCPPという恐れ多き名前を使用しているのだが
ももんがさんにiPhone_JavaHaskellCPPが見つかった!!
「すごい便利そう」
と言われた。
これがリアル「すごい便利そう」かっ!


はい? 進捗? ああ、知ってます知ってます。
コンビニで298円で売ってました。

明日はmomonga.vim#6でしう。

きゅるりんっ☆

【勉強会】Python基礎へ行ってきました。


Python基礎へ行ってきました!



個人的感想による対象

  • プログラミングをほんの少しだけしたことのある人

  • (上記 + 自分の主力プログラミング言語が決まっていない + Pythonに興味がある) 人

  • 基本文法がわかれば講義外の内容を自分ですいすい勉強していってしまう人

  • とにかくプログラミングが好きで、勉強会に行ってみたい人




個人的感想による推奨レベル:
プログラミングを少しだけ入門したことがある
or
ものごとにすぐに理解を示すことができる
or
プログラミングには触れたことがないがやる気はある、きっかけがほしい!!
or
楽しみたい!


得ることができたもの

  • Pythonの雰囲気を感じられた

  • めっさ楽しい

  • 学校の授業が懐かしいなあ…




感じたこと

  • 講師の方とこの勉強会への熱意と綿密に立てたであろう計画

  • 楽しい!!

  • 関数内関数は作るべからず




勉強会中に作ったものたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。